公共工事の北土建設株式会社  一般土木  都市土木  環境土木

 

 
 
 
 
 
► リストに戻る
社会資本整備総合交付金事業3・2・616屯田・茨戸通仮称創成川橋(基礎工)新設工事
 
 工事概要
     工 期:  平成29年4月24日~平成29年11月19日    工事延長 L=  34.4m
工種 単位 数量 備考
 橋梁基礎工    125  φ600 L=32.0m 
 構造物撤去工       1  
 仮設工  式       1  仮橋・仮桟橋工
         

 進捗状況、今後の展開および周辺環境
H29.10.26
  6月13日に交通規制を開始し作業を進めてまいりましたが、機械の施工スペースが確保できましたので、ご利用の皆さまの安全確保と冬期間の除雪に対応するため、歩行者用通路を今までの1mから2mに広げました。
なお、当該歩行者用通路は、近隣小学校の通学路となっておりますので、自転車でご利用の方には、引き続き自転車を降りてご利用いただきますようお願いいたします。

 

  

        
   
H29.10.23
  現在、作業構台の設置作業の約半分を完了しました。引き続き残り半分の施工を進め、11月初旬に完了する予定です。
作業の進捗に伴い、10月25日に交通規制区間の歩行者用通路幅を現在の1mから2mに広げる作業を行います。6月より長期間ご不便をおかけしておりますが、今しばらくご協力の程をお願いいたします。

 

  

        
   
  H29.09.25
  現場でアメリカザリガニを発見しました!!
近年、創成川においてアメリカザリガニの個体数の増加が報告されているそうです。
アメリカザリガニは、北海道生物多様性条例において『指定外来種』に指定されているため、見つけたときは捕獲し、新たな生息域の拡大防止と水辺の生き物の保全に取り組んでいます。
捕獲したアメリカザリガニは、適切な飼育や保管が義務付けられているため、最後まで飼育することを約束して近くの小学生に配り、地域コミュニケーションに活用しています。

 

  

        
   
  H29.09.13
  当作業所では、9月7日より橋梁の基礎となる鋼管杭を施工するための作業構台の設置工事を行っております。
限られた作業スペースで長尺鋼材を取り扱う作業であるため安全第一で工事を進めるとともに、騒音や振動の発生源への配慮には細心の注意を払ってまいりますので、引き続き近隣の皆さまのご理解、ご協力をお願いいたします。

 

  

        
   
  H29.08.09
  8月7日より工事に支障となる樹木の撤去を開始しております。その後は順次、作業構台を構築し、橋台基礎杭工事の準備を進めてまいります。
創成川通りにおける交通規制では、引き続きご利用の皆さまのご理解、ご協力をお願いいたします。

 

  

        
   
  H29.07.10
  当作業所では、今年度も現場で使用する重機類にバイオディーゼル燃料を使用しています。それに伴いまして、昨年に引き続きご家庭で不要となる天ぷら油の回収を実施しており、多くの方にご協力頂いております。
昨年度は約44㍑の天ぷら油を回収し、給油した19,208㍑のDFF燃料と合わせて2.34tのCO2削減を達成することができました。
社会基盤を担う建設業に携わるものとして、地球環境に配慮した取組みを積極的に実施してまいりますので、引き続き皆さまのご協力をお願いいたします。

 

  

        
   
  H29.06.15
  当作業所では危険有害性に関する知識や対応する技能を身に付けるため、6月12日に建設業労働災害防止協会による『安全衛生教育』を受講しました。
また、現場においては6月13日より橋梁基礎工事を行うための交通規制を開始しております。(一般国道231号 至石狩方向車線:北区東茨戸1条1丁目先、車線減少90m)
上記路線をご利用の皆さまにはご不便をおかけしますが、工事へのご協力をお願いいたします。

 

  

        
   
  H29.05.11
  本工事は『札幌圏都市計画道路事業』に基づく、屯田・茨戸通の道路整備事業における橋梁基礎工事です。
今回の工事は、一般国道231号上において交通規制を要する大規模な基礎工事となります。周辺をご利用の皆さまには何かとご不便をおかけいたしますが、安全を最優先に考え、品質の高い『ものづくり』を目指してまいりますので、ご協力の程お願いいたします。

 

  

        
 
► リストに戻る
防災・安全交付金事業 道道京極定山渓線(2512林班地先ほか)法面改良工事
 
 工事概要
     工 期:  平成29年4月3日~平成29年11月28日    工事延長 L=  213.7m
工種 単位 数量 備考
 法面工     1,626  
 落石防護柵工      146.1  
 雪崩予防柵工  基         71  
 防護柵工     m     75    

 進捗状況、今後の展開および周辺環境
H29.10.25
  当作業所の2箇所の工事箇所の内、山頂側の工事が完了いたしました。交通規制にご協力いただいた皆様に深く感謝いたします。
残る麓側の工事も雪崩予防柵と土砂防止柵の設置を残すのみとなりました。
当路線の交通規制はもう少し続き、皆様にはご不便をおかけしますが引き続きご協力をお願いいたします。

 

  

        
   
  H29.09.20
  当作業所は引続き昼夜の交通規制で施工しています。
昼間は落石防護柵、雪崩予防柵を施工し、夜間はロックボルト、地下排水工を行っています。
作業終了まで交通規制が続き、当路線を利用される方々にはご不便をおかけしますが、引続きご協力をお願いいたします。

 

  

        
   
  H29.08.04
  当作業所は現在、吹付枠およびグラウンドアンカーの施工を行っています。
昼夜の交通規制は10月中旬まで続き、当路線を利用される方々にはご不便をおかけいたしますが、もうしばらく工事に対してご協力をお願いいたします。

 

  

        
   
  H29.07.03
  当作業所は現在、コンクリート吹付け及びグラウンドアンカー施工準備を行っています。
7月からは2工区に分かれての作業となり、【片側交互通行】と【夜間通行止】の交通規制を行っての施工となります。
引き続き当路線を利用される方々にはご不便をおかけいたしますが、工事に対するご理解
ご協力をお願いいたします。

 

  

        
   
  H29.05.19
  本工事は道道京極定山渓線において損壊が確認されている法面の改良工事を行うものです。
施工中は【片側交互通行】 【夜間通行止】等の交通規制を行っての作業となり、当路線を利用される方々にはご不便をおかけいたしますが、工事に対するご理解ご協力をお願いいたします。

 

  

        
 
► リストに戻る

 

ページ先頭へ